昼寝をしよう!

14時を過ぎる昼寝はNG!

ストレス解消に昼寝は効果的ですが、あまり遅い時間から昼寝をすると逆効果になってしまいます。理想としては、正午から14時までの間に昼寝をするのがベストです。15時以降から昼寝をしてしまうと、夜眠れなくなり次の日の仕事に差し障ってしまいます。夜の睡眠に影響を与えない時間帯に昼寝するのが鉄則です。また、昼寝の時間を長くとりすぎるのもNGです。15分から20分の昼寝が理想で、それ以上長く寝てしまうと起きた時に頭の中がすっきりしません。ストレスを解消するどころか、頭が重くどんよりとした気分になってしまいます。深い眠りに落ちる前に、目を覚ます必要があります。昼寝の前にタイマーを15分から20分で設定しておくとよいでしょう。

昼寝の準備を整える!

効果的な昼寝ができるように、準備をしっかり整える必要があります。昼寝をする前にカフェインを摂取しておくと、眠りすぎることなく丁度良い時間に目覚めやすくなります。コーヒーや紅茶、緑茶など、カフェインの含まれた飲み物を昼寝をする少し前に飲んでおくようにしましょう。また、昼寝しやすい場所を選ぶ必要もあります。ベッドは気持ち良すぎて深い眠りに落ちてしまう可能性があるので、ソファーに横になったり、クッションにもたれたりして寝るのがおすすめです。昼寝から目覚めたら、軽くストレッチをして眠気を吹き飛ばすことも大事です。起きてすぐにチョコレートなど甘いものを食べると、だるさが緩和されしっかり目覚めることができます。

Top