軽いストレッチをしよう!

長時間のデスクワークは不調の原因!ながらストレッチで血流改善

デジタル化が進み、パソコンやタブレットがあればリモートで販売や会議もできる時代となりました。社外、社内問わず移動する必要性がなくなり、職種によっては一日デスクワークという方も少なくないのではないでしょうか。そうなると、意識をしない限り業務中に体を動かす機会が極端に少なくなります。長時間座り続けることは血流を悪くするため、注意しないと肩こりや眼精疲労を悪化させる原因になるといわれます。さらに長期間その状態が続くと、それ以上に深刻な影響を身体に及ぼしかねません。 業務中に理由なく外出をしたり体を大きく動かす運動をすることは難しいかと思いますが、簡単なストレッチであれは場所も時間もとられません。体も心もほぐれてリフレッシュできれば、仕事の効率アップにもつながります。デスクワーク中心の業務でも合間にできるストレッチを積極的に取り入れましょう

デスクワークの合間にできる簡単ストレッチ

日々便利なシステムが生み出され、仕事でも移動の必要性が少なくなりました。便利になることは喜ばしいことですが、その反面注意しなければならない点もあります。パソコンの長時間作業で肩がこる、座りっぱなしで腰が痛いといった症状を抱える方が、年々増加しているようです。同じ姿勢が続くと筋肉が緊張するため、長時間のデスクワークは肩こりや腰痛の原因のひとつとなっています。 しかし自分以外もいる職場では周囲の目も気になり、気軽に大きく体を動かすことができません。かといって就業時間中は、決められた休憩時間以外に自分の席を離れることも難しいものです。そんな方におすすめなのが、座ったままできる簡単ストレッチです。場所もとらず、時間も業務の合間の数分でリフレッシュすることができます。職場でも自宅でも、息抜きにぜひお試しください。

Top